約束のネバーランド 最新話  第120話のネタバレと感想が気になる?


約束のネバーランド 最新話  第120話のネタバレと感想を紹介します!2019年1月28日発売分です!

 

約束のネバーランド 最新話  第120話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年1月28日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

 

まずは31日間の無料体験であなたの好きな漫画が読み放題!

 

約束のネバーランド   第120話のネタバレは?

 

119話ではエマたちと再会したノーマンにレイは

 

「お前は何をしようとしている?農園を襲って、壊して、この『楽園』をつくって、一体何を…。」

 

「農園を襲って、壊して、この『楽園』をつくって、一体何を…。」

 

と問います。

 

すると、ノーマンは鬼とは何なのかという話を持ち掛けたところで終わっています。

 

そして、120話ではその鬼は何なのかという話から始まります。

 

『鬼は何なのか』と言われたみんなは、『そういう怪物』という風にしか思っていなかったようです。

 

「奴らはヒトを食べなければ、あの姿も形も保てない。形のない怪物なんだよ。」

 

と、ノーマンは鬼の真実を語り始めます。

 

最初の姿はおそらく『細菌』に似た何かで、『分裂』により数を増やし、ただひたすら同一個体(クローン)のコピーでした。

 

そんな細菌は『突然変異』そして『遺伝子の水平伝播』でした。

 

『遺伝子の水平伝播』とは、他の生物の遺伝子を取り込むことです。

 

鬼の進化も遺伝子の水平伝播に似ており、鬼は食べることで進化するのでした。

 

食べたものの遺伝子を取り込、その形質を受け継ぐ、それらを繰り返す中で様々な形質を手にすることができたのです。

 

そして、鬼はやがてヒトを食べました。

 

そうして、ヒトに似た姿や高度な知識、言葉、文化を獲得することができました。

 

ヒトは鬼の最大の好物となり、ヒトを超えヒトの天敵となりました。

 

驚異的な速度で進化・変容を遂げていく鬼はヒトの圧倒的存在になっていきました。

 

しかし、鬼は速すぎる進化の代償として、食べ続けなければ、形質を保っていられませんでした。

 

鬼がヒトを食べるのは、そうしなければ形も知脳も保っていくことできず、一度知ったヒトの味、ヒトの知脳を欲してしまうからです。

 

『約束』の締結を経ても、それは続くのでした。

 

それが鬼の正体だとノーマンは言いました。

 

『食べて進化する、そのためにヒトを食べる』ということも、『農園を作ってヒトを養殖する』ということもエマたちにとって驚いてしまうことであり、納得もできる話でした。

 

ノーマンは、すぐに遺伝子情報が書き替わるので極めて不安定な生き物だと言い、

 

「だからね、農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶ。」

 

と、ノーマンは断言するのでした。

 

そして、ノーマンは理由を説明しだします。

 

「この1000年、粗悪な量産肉を食べ続けて、下級の鬼達の形質保持能力は輪をかけて弱まっている。」

 

「速い個体なら半年もヒトを食べなければ、知恵を失い、野に返るだろう。」

 

と、ノーマンは言い、それが鬼達の社会問題でもあると言うのでした。

 

だから、ノーマンは農園を襲っているのだと知りました。

 

ギルダは全部の農園を襲うなんてできるのかをノーマンに問いました。

 

「できるよ。」

 

と、ノーマンは即答します。

 

そして、ノーマンはザジの話を持ち出します。

 

ザジはラムダの実験の副産物だと言います。

 

ラムダとはノーマンやアダムがいたところでした。

 

「もっと多種多様な高級肉を、もっと質の良い量産肉を、食欲と実用に伴って、今鬼が求める人肉を、鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組んでありとあらゆる手立てで…手段を選ばず生み出している。それが試験農園Λ7214。」

 

と、ノーマンは言い、投薬と実験、品種改良を繰り返すうちに異常な発達をする個体が予期せず、次々と発生していることも話しました。

 

レイは即座にそれがザジやハヤトたちなのだと気づくのでした。

 

ノーマンはこの力は鍛えれば、鬼にも勝る戦力になること、それらは皮肉にも鬼が与えてくれたものだということを言うのでした。

 

そして、ノーマンはどうやって家族みんなが笑って暮らせる未来を作れるのか、全食用児を救えるかを考えていたのでした。

 

「これが僕の答えだ。」

 

「鬼は滅ぼす。絶滅させる。大人になれない世界(ネバーランド)はもう終わり。」

 

「鬼世界(このせかい)に食用児(ぼくたちみんな)の楽園を築こう。」

 

ノーマンは力いっぱいに言うのでした。

 

約束のネバーランド 最新話 第120話の感想と考察

 

あなたは、119話ではノーマンとの再会で涙なしでは読めなかったでしょ?

 

120話とは打って変わってとても真剣な話だったよね。

 

ヒトを食べなければ鬼たちと鬼に食べられる運命しかないヒト。

 

やっぱり、私はヒトだから鬼に食べられることを考えると鬼を滅ぼしてしまう道を選ぶよね。

 

あなたなら、どっちを選ぶ?(笑)

 

でもさ、エマはソンジュとムジカに会っているじゃん?

 

エマはもしかしたら鬼の全滅を良いとしない気がする!

 

え? エマはそんなバカじゃないって?

 

うんうん(。 ・д・)-д-)、あなたの考えがよ~く分かるよ!

 

だって、私もそう思いたいもん!(笑)

 

でもさ、エマはバカ優しいんだよ。

 

自分たちを助けてくれたソンジュとムジカを考えちゃうと思うんだよね。

 

まぁ、私の意見のようにエマが鬼の世界も守ろうとするとしたら、レイとノーマンが鬼になりそう(笑)(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガク

 

次回も楽しみですね♪

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

まずは31日間の無料体験であなたの好きな漫画が読み放題!