寄宿学校のジュリエット 最新話 第90話のネタバレと感想が気になる?

寄宿学校のジュリエット 最新話 第90話のネタバレと感想を紹介します!2019年1月30日発売分です!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第90話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年1月30日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

 

前回のお話はこちらです!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第90話のネタバレは?

 

投票日から1週間が経過し犬塚、ペルシャの両名はそれぞれの学校の監督生代表となっていました。

 

結局あの時の選挙権は先生たちが眠らされていた状態で行われていたため、やり直しとなってしまったのです。

 

後日再投票が行われ、改めて犬塚とペルシャが代表に選ばれることとなり、犬塚の親友蓮季、アビとスコットも監督生に選ばれました。

 

選挙の際騒動を起こしてしまった怜音は辞退し、自分が先生を眠らせ投票を妨害しました。

 

そして、2寮を混乱させてしまった事から1週間の謹慎となっている状態にあります。

 

元々、怜音は犬塚の兄である藍流の雑務係だったのですが、特に接点があったわけでもなく、何故彼女を任命したのか不思議でなりません。

 

そのことについて疑問を持った犬塚は、兄に質問します。

 

怜音は優秀な生徒でしたが、兄の元に来てこう言いました。

 

「どうしても成し遂げたい野望があります」

 

その時の怜音の目には強い物があったようですね。

 

やり方は物凄く間違っていたけど、意志の強さは犬塚達に匹敵するものがありました。

 

怜音は1週間の謹慎を終えましたが、犬塚達に完敗した事により学園を去ろうと準備していたのです。

 

先生を眠らせ、みんなを混乱に陥れてしまった事に責任を感じており、そんな自分が学園に残れるわけがないと考えていました。

 

荷物をまとめ部屋を出ていこうとする怜音の元に、何と物凄い顔の犬塚がドアから覗いています。Σ(・□・;)

 

予期せぬ人物の登場に思わず関西弁に戻る怜音。

 

犬塚は部屋に入ろうとしたようですが、チェーンロックに挟まってしまったようです(笑)

 

犬塚は怜音を許したわけではないのですが、庶務がいなくてめちゃくちゃ忙しいから手伝え!と言います。

 

みんなを混乱に陥れた人物であり、どの面下げて監督生をするんだと言いますが、優秀な人材がほしいため勧誘しに来たみたいですね。

 

さすがに犬塚の立場を考え、怜音は隙をついて逃げます。

 

学園を出ようとした怜音の元に、自分を慕ってくれている甲斐と久里が会いに来てくれました。

 

2人も怜音を引き留めるようにきたようですが、犬塚を信じる事が出来なかった自分自身を責めます。

 

そんなやり取りをしていると、選挙戦の際に怜音に協力してくれていた不良たちが現れ落とし前をつけろと因縁を吹っ掛けてきたのです…。

 

「週刊少年マガジン」の記事一覧はこちらですよ!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第90話の感想と考察

 

怜音は選挙戦の際完全に悪役でしたが、彼女なりに思う所があったのでしょう。

 

犬塚を信じていれば結末は変わっていたかもしれません。

 

でも怜音は下らない理由で妨害していた訳ではないので、更生の余地はありそうですね。

 

それにしても犬塚はお人よしというか、男前というのか…(笑)

 

良い奴ですねぇ~!(*´ω`*)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

見放題作品が31日間無料読めますよ!