寄宿学校のジュリエット 最新話 第91話のネタバレと感想が気になる?

寄宿学校のジュリエット 最新話 第91話のネタバレと感想を紹介します!2019年2月6日発売分です!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第91話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年2月6日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

 

前回のお話はこちらです!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第91話のネタバレは?

 

謹慎処分になってしまった元怜音一派だった不良生徒たちが怜音の元につめより落とし前を付けさせます。

 

ちびっこたちが怖がっているため、怜音はもっと優しくしゃべってもらえないか?とお願いしました。

 

不良なのにその辺りは優しくしてくれるのはありがたいね。(*´ω`*)

 

怜音に用があるから失せろとちびっ子たちに言い、怜音も彼らにあっちで遊んでてとお願いします。

 

ちびっこの内の1人甲斐に何か考えがあるようで、妹の久里の手を引っ張りこの場から立ち去りました。

 

怜音や元怜音一派だけとなり、とりあえず謝れと要求してきます。

 

不良たちの要求に応じるかのように、怜音は素直に地に這いつくばって謝罪をしようとしました。

 

しかし心がこもっていない謝罪であるため、おちょくっているのかと怒鳴られてしまいます。

 

怜音はいつも本心を見せず上辺だけで、自分達に見捨てられたら学校に居場所がないのは分かっているのか?と問われます。

 

もう出ていこうとしていますからね。

 

追い打ちをかけるような元怜音一派の言葉に絶望状態に陥る怜音ですが、ある人が助けてくれます。

 

「居場所ならあるぜ、執務室にな!」

 

学園から追放しようとしていた犬塚でした。

 

犬塚は怜音を監督生にさせるから手を出すなと元怜音一派にお願いをします。

 

ですが怜音のやった事は全校生徒に知れ渡っているため、信用は一切ない!と言われてしまいました。

 

犬塚は犬塚なりに怜音の事を認めているようです。

 

実は監督生となった犬塚も少し変わり、あんまり面識がない元怜音一派たちの顔を覚える努力をしていました。

 

人の名前と顔を覚える事はそんなに難しい事ではありません。

 

犬塚は2年生の顔しかまだ覚えていないようですが、その内全校生徒の顔を覚えるようですね。

 

それを聞いて少しは認めたのかは分かりませんが、元怜音一派は立ち去ってくれました。

 

助けてくれたことに礼を言う怜音でしたが、犬塚はちびっ子たちに呼ばれてきたとのこと。

 

そして最後にもう1回監督生補欠選挙を開くのでお前も絶対に出ろと告げて去ります。

 

犬塚、しつこいよ(笑)( *´艸`)

 

補欠選挙当日、怜音も参加しましたが当然罵倒されました。

 

怜音が何故あんなひどい事をしたのか、その理由を話して全員を納得させることに成功!

 

「週刊少年マガジン」の記事一覧はこちらですよ!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第91話の感想と考察

 

犬塚の器の広さ、私は尊敬に値する!(ジョジョ風)(+_+)

 

怜音は敵国とのハーフの人間だからこそ、その不条理を体験してしまった事によって絶対に仲良く出来ないと考えたようですね。

 

気持ちはわかるけどさ、それだったら何をしても良いって訳ではないよね?

 

やり方さえ変えれば何とでもなる話だよねぇ。

 

厳しい事を言いますが、どんな理由があったにせよ、筋は通さないとならぬ!

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

見放題作品が31日間無料で読めます!