寄宿学校のジュリエット 最新話 第93話のネタバレと感想が気になる?

寄宿学校のジュリエット 最新話 第93話のネタバレと感想を紹介します!2019年2月20日発売分です!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第93話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年2月20日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

前回のお話はこちらです!

 

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第93話のネタバレは?

 

スポンサードリンク

 

犬塚の兄である現監督生の藍流は、1人執務室で黄昏ていました。

 

黄昏ている最中の藍流を王姉妹が呼びに来てくれたのですが、感傷に浸っているように見えるようです。

 

「バカ言え、ようやく肩の荷が下りるんだ!」

 

体育祭が終われば現3年生の監督生たちは引退します。

 

藍流は気持ちを引き締め、仕事を全うします。

 

学生やのに偉いな…。(*´ω`*)

 

一方その頃、2年監督生である犬塚とペルシャ達監督生が体育祭について話し合っていました。

 

犬塚は黒犬と白猫の混合チーム、スコットは白猫と黒犬が競い合う場であると議論しています。

 

スコットはペルシャに意見を求めます。

 

しかし、前回ペルシャの恰好をしていたスコットにドン引きをしていたため、心の距離を置かれてしまっていますね(笑)

 

みんな好き勝手議論していますが、一向に話がまとまりません。

 

もう1人白猫寮の監督生アビは全く関係のないことで切れ始めます。

 

しかも監督生選挙の時に場をかき乱した怜音のことをいつまでも、ねちっこく言っているので、マジ心狭っ…。www

 

場を諫めるためにペルシャが棒を振り回しますが、丁度みんなの元に訪れた藍流の顔面にぶち当たりそうになりました。

 

全員顔面蒼白になり、藍流が全員に対して30分以上の説教を行います。

 

説教長い…。

 

「オレ達だって成長してるんだ、3年生にだって引けを取らないはず…」

 

その言葉を聞いた藍流、そして様子を見に来ていた元監督生たちから体育祭のエキシビションにて2年VS3年で白黒つけようと提案します。

 

やたらと挑発的な態度を取る先輩たちに違和感を感じる犬塚でしたが、その挑戦を受けることにしました。

 

そして体育祭のエキシビションの日がスタートします。

 

周りはみんな楽しんでいますが、中には賭けをするものもいますね(笑)

 

エキシビションの種目はダリア・ウォールゲーム、学園全体を使ったラグビーみたいなものですね。

 

犬塚は藍流たちが自分達を勝たせてくれるだろうと思っていたようですが、そう簡単にはいかなさそうにないですね~。

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第93話の感想と考察

 

2年生VS3年生の対決ですが、学校全体を使ったラグビーなので体力がないと相当きつそうですね。

 

両チームとも男女共に同じ数なので問題はなさそうですが、1学年違うだけなのでどうなるかが問題でしょう。

 

しかしスコット前回ではペルシャに振られたあまり、スコシアとか訳の分からないキャラクターを作りだしていましたね。

 

シャルちゃんのお陰で記憶喪失になっててよかったですね~。(棒)(+_+)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

いらない本を売ってお小遣いにしませんか?

本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション