甘くない、彼らの日常は。 最新話  第2話のネタバレと感想が気になる?

甘くない、彼らの日常は。 最新話  第2話のネタバレと感想を紹介します!2019年2月24日発売分です!

 

甘くない、彼らの日常は。  第2話 のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年2月24日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

前回のお話はこちらです!

 

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

甘くない、彼らの日常は。 最新話  第2話のネタバレは?

 

スポンサードリンク

 

ようやく学校にくるようになった礼、千尋、雪之丞でしたが、誤った噂が広がってしまい、3人は腫れ物扱いでした。

 

そんな礼、千尋、雪之丞は決まって団体行動をさぼります。

 

さぼりのたびに緑は3人を迎えに駆り出されます。

 

担任も理事長に言われ、緑を世話係として認めてしまう始末。

 

3人はクラスの人たちも、この3人がいない方が、のびのび練習できるだろうと後ろ向きに考えています。

 

緑は単位落として留年してしまうのではと言うのですが、必要な日数を計算しているらしく、3人は余裕の表情です。

 

緑は家に帰っても3人にさぼらせない案を考えていると、鬱陶しいと紺に言われます。

 

もうほっとけばいいと紺は言いますが、緑は3人と一緒に学校行事をしたいようです。

 

紺は

 

「姉ちゃんもしかして、そん中の誰かのこと…。」

 

と、言おうとしたら、途中で緑たちの母親が言葉をかぶせてしまいました。

 

母親はバイトの件のお咎めがないことや働き口を紹介してくれた学校が寛大だと言います。

 

バイトの件をあまり母親に話していない様子です。

 

紺の言いかけた言葉は何かを緑は聞きますが

 

「いいわ。」

 

と、紺は言って夕食にします。

 

緑は噂を払拭する作戦に出ます。

 

しかし、緑の説明がよくないため、友達に3人の良さが伝わりませんでした。

 

「イケメンに悪い人はいないじゃん。」

 

と、緑は偏った考えを話し始めます。

 

3人がイケメンだということは友達もわかっているようです。

 

それでも、3人が壁を作っている感じがすることで近寄りがたく感じているようです。

 

体育祭の準備にまたしても姿を消す3人。

 

そんな3人を緑は先回りし、体育祭の準備までこじつけます。

 

スタート地点に立てたと思えた緑ですが、周りのクラスメイトから

 

「今更?」

 

という、悪い言葉がひそひそ聞こえてきます(笑)

 

そんな中、千尋の色塗りを緑が褒めます。

 

逆に雪之丞は緑の色がはみ出していることを指摘します。

 

むっとする緑。

 

雪之丞は色について他のクラスメイトに提案をします。

 

背びれに黄色や緑などを入れると光が反射している風にできることを雪之丞は言います。

 

その提案は採用され、雪之丞はちょっと自慢気になります。

 

今回色を塗っているの絵は鯨なのですが、千尋はなんで鯨なのかを聞くと、クラスメイトは担任が鯨井という名前だからだと言います。

 

担任の名前も知らなかった雪之丞、知らなかったのかとあきれる千尋、担任の名前を知っていたのに知らないという仲間にされた礼。

 

クラスメイトとの楽しい時間へと変わっていきます。

 

帰宅の時間になったので、みんなで片付けをし、描いた絵を乾くようにと外に干しました。

 

作業が遅れているので、明日の朝早く来るということを礼たちに話そうと緑がしようとしたら、すでに3人は帰ってしまいました。

 

3人が噂とは違うとクラスメイトは思えたようで、安心する緑。

 

帰宅中の緑は、ばったり礼に会います。

 

そこで、明日の朝の話をしようとすると,雨が降り出しました。

 

みんなで描いた絵が外に干してあることを思い出した緑は急いで学校に戻ります。

 

絵を回収しようとしたその時、つるっと足が滑る緑。

 

落ちるかと思いきや、礼が緑を引き上げました。

 

絵と心中するのかと怒る礼。

 

礼は緑のあとを追って学校に来てくれたようです。

 

この絵はクラスメイトたちと礼たちが普通に話せて、関わるようになったきっかけなので、台無しにしたくなかったことを緑は話します。

 

「俺達のため?」

 

と、聞く礼に緑は

 

「一条くんたちにとってはただのおせっかいかもしれないけど…。」

 

と、言いました。

 

その時の礼はにこやかに笑っていたのでした。

 

笑ったことにびっくりする緑に礼は

 

「あんたって、へん。」

 

と、ストレートに言うのでした。

 

へんと言われ、ショックを受ける緑にいい意味でという礼。

 

礼は濡れていた緑に上着を貸します。

 

礼が助けてくれたことを思い返す緑は礼たちと仲良くなりたい。近づきたい。と、思うのでした。

 

次の日、学校にくると礼たちは緑より先に学校にいて絵をドライヤーで乾かしていました。

 

「ほら、補修するんだろ。」

 

と、言う礼に緑は

 

「うん!」

 

と、答えたのでした。

 

いらない本を売ってお小遣いにしませんか?

本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション

 

甘くない、彼らの日常は。 最新話  第2話の感想と考察

 

やっぱり、礼…。 本当にいい人やねー‼‼

 

財布の時といい、今回の絵といい、礼はとってもいいやー‼

 

え、あなたは礼がいい人だと思えないの?

 

いいこともしてるけど、授業のさぼりもしてるから…?

 

私は、そんなことないと思うよ!

 

さぼりは楽したい気持ちもあるかもしれないけど、腫れ物になっている自分たちを守るためでもあるんだし…。

 

確かに、さぼりはよくないけど、それがイコールいい人じゃないっていうのは違うよ!

 

なんだか、私、いいこと言ってる?(笑)

 

え、言ってるって? ありがとう~~!

 

おいおい!そこのあなた!目をそらすなよー(´;ω;`)

 

とりあえず、クラスメイトとなじんできた礼、千尋、雪之丞に期待だね!

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

好きな漫画を全巻まとめて見たいあなたはこちらです!