双亡亭壊すべし 最新話 第137話のネタバレと感想が気になる?

双亡亭壊すべし 最新話  第137話のネタバレと感想を紹介します!2019年2月27日発売分です!

 

双亡亭壊すべし 最新話 第137話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年2月27日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

前回のお話はこちらです!

 

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

双亡亭壊すべし 最新話 第137話のネタバレは?

 

スポンサードリンク

 

自衛隊が双亡亭を一斉に窒素弾や窒素ガスで噴射攻撃を行っています。

 

その状態に対して双亡亭からは反撃がなく、解体重機班が侵攻していきました。

 

上空にはメディアのヘリコプターが飛んでおり、世間に双亡亭が窒素弾によって解体成功していることを告げられます。

 

上手くいけば、このまま双亡亭が破壊できるのです!

 

更なる追撃を開始しようとしていましたが、双亡亭のボスである坂巻泥怒の元に異星人のしのがそのことを報告しに来ていました。

 

異星人たちしのは泥怒の絵によって生かされていると言っても良い状態です。

 

そのため双亡亭を壊されてしまうと、異星人たちにとってもそこで絵を描いている坂巻泥怒にとっても困るのですよ。

 

「だから早く我々を解放しろ!」

 

しのたち異星人は泥怒の絵を通って、自分の同胞がここに満ちれば人間など食いつくしてやると告げます。

 

異星人たちは何故が地球の窒素が弱点ですが、水にはとても強く河川から侵略できれば地球は自分達のものとなると話しました。

 

泥怒にとって異星人たちの侵略など、どうでも良いのかもしれません。

 

だが、双亡亭はアトリエであるため自分の制作を邪魔する自衛隊に対いて敵意を抱いています。

 

泥怒のポーズがなんか芸術的だな、おい!(笑)( ゚Д゚)

 

アトリエとしてだけではなく、紅に執着を持ち始めた泥怒は紅をモデルに描いている時間も奪われたくないと考え始めていたのです。

 

憤怒の表情を見せる泥怒に少し怯えた様子のしのは、若干引いています。

 

先ほどまで、キャンパスに描いていた絵具代わりに使っていた透明な水を、泥怒自身としのの顔に塗りました。

 

しの曰く透明な水の正体は、地下に湧いている異星人の仲間の体らしいです。

 

それを顔に塗るのってどうなのさ。(笑)( `―´)ノ

 

絵具を塗った後、泥怒に他の者も読んで来いと言われしのは席を外します。

 

紅は休憩しておけと言われますが、何をするつもりか聞きます。

 

双亡亭を攻撃している自衛隊に双亡亭が壊れないことを教えるつもりです。

 

泥怒は自衛隊がいる上空に現れ、大量の手に吊られおりてきました…!!

 

いらない本を売ってお小遣いにしませんか?

本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション

 

双亡亭壊すべし 最新話 第137話の感想と考察

 

このまま上手くいくはずがないですよね。

 

このまま双亡亭が壊れてしまうのを、ただ黙ってみることは出来ない物です。

 

こういうのは一斉に噴射していくしかありませんからね。

 

ただ泥怒を倒した所で、事態はさらに悪化してしまいます。

 

泥怒はダムを止める機械のようなものであり、その泥怒がダウンしてしまうと異星人たちがとどめなく溢れてしまうのですから…ね。

 

どうすんだ~~~~!!??(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!