トクサツガガガ 最新話 第163話のネタバレと感想が気になる?

トクサツガガガ 最新話 第163話のネタバレと感想を紹介します! 2019年3月4日発売分です!

 

トクサツガガガ 最新話 第163話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年3月4日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

前回のお話はこちらです!

 

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

トクサツガガガ 最新話 第163話のネタバレは?

 

スポンサードリンク

 

仲村さんからぬいぐるみを受け取ったお母さんは、仲村さんに問いかけます。

 

「お友達になろうっていうなら、叶ちゃんはお母ちゃんのこと許してくれるの?嫌いって言ったことも取り消せる?」

 

その頃、仲村さんを心配していた女子会の吉田さん、北代さん、ミヤビさん達は仲村さんの美辞を祈っていました。

 

てか、表紙が仲村さんの死亡フラグめちゃくちゃ立ちまくっていたやつ!!(笑)( ゚Д゚)

 

3人の様子を見ていた仲村さんはおい!と突っ込みました。(笑)

 

「仲村さんいきてたんですね!!」

 

みんな仲村さんの生存を喜びます。(笑)

 

何故生存を心配していたかというと、帰り一緒帰れそうですか?と連絡をしたのに返事がなったからということでした。

 

「最悪のケースを考えてはいたよね。」

 

北代さんはめちゃくちゃ悪い想像をしていました。(笑)

 

チケット買うのを待っていたので遅くなってしまったようです。

 

なんにせよホットした様子の仲村さんを見て、吉田さんはお母さんと友達になれたかを問います。

 

「それは…」

 

仲村さんの表情は微妙でした。

 

「死ぬまで恨むし。あなたのこと嫌いって言ったのも、取り消すつもりないよ。」

 

「…あほくさ…じゃあ、なんでお友達になろうなんて言うんよ。」

 

「こんなもんまで用意して、はじめから許す気なんてなかったクセに。」

 

お母さんは仲村さんがプレゼントとして用意していた可愛いキーボルダーをぎゅっと握ります。

 

「そーだよ。でも、全部許せないと友達になれないの?」

 

心理を突いた仲村さん、やりますね。

 

「私、兄ちゃんにビデオテープ上書きされたのだって、絶対に許さんし。」

 

「まだ根に持ってたの!?」

 

仲村さん許してあげてください。(笑)( ゚Д゚)

 

その程度ならまだ何とかなるって!

 

「友達だって合わないところがあるし、会社の人なんか全然合わない人ばっかだけど」

 

「あなたのこと嫌いなのも本当だけど、同じくらいスキなところもあるよ。全部スキじゃなくても友達だよ。それじゃだめ?」

 

いいセリフですね。

 

甘いと思うかもしれませんが、自分と全て合う友達も家族も恋人もいません。

 

仲村さんは本当に良い娘、良い人ですね(*´ω`*)

 

「そんなの、遅いわ。今更そんな。」

 

お母さんの言葉は仲村さんたちに聞こえにくかったみたいです。(笑)

 

「もうこんなトシで、お友達も、ぬいぐるみも、おばはんにはかわいらしすぎるし、カバンも服にも合えへんし」

 

仲村さん、お兄ちゃんは鞄買いに行ったら良いといいますが、どこに出かける訳でもないしと自虐的に言います。

 

気持ちは分かるという仲村さんですが、それは私を含めた読者も理解できるでしょう!!(笑)(;´Д`)

 

服ってそんなに買えないし、彼氏や友達と頻繁に遊ぶ人じゃないと無理!!

 

仲村さん自身も良いコート購入しても会社しか着ていかないしという気持ちがありますが…。

 

「じゃあ、次に会う時買ったカバン持って遊びにくればいいでしょ。今更じゃなくて、これからなの!」

 

その後、お母さんの鞄を見に行きましたが、喧嘩が勃発しかけます。(笑)

 

「なんであんたは、そんな地味なんばっか選ぶの?」

 

これは…仲村さんの趣味が単純に悪いだけですね。

 

しかしこのオカン、気難しいな!(;´Д`)

 

なんやかんや言いつつ、あれもこれも見たいというお母さんに対し、一緒に見に行ってあげます。

 

場面は変わり、帰りの電車の中でみんなにそのことを話していました。

 

結論としてどうなったかと言うと…。

 

「俺たちの戦いはこれからだぜ。」

 

ドヤ顔で言われました。(笑)( ・´-・`)ドヤ

 

そこだけ特撮感だすんじゃありませんよ。www

 

まあ、とりあえず関係性は変わりましたが、人間はそうそう変わるもんではないということですね。

 

それ以前に重大な問題として、友達の任侠さんに頼まれたお土産を忘れてしまいました。(笑)

 

いらない本を売ってお小遣いにしませんか?

本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション

 

トクサツガガガ 最新話 第163話の感想と考察

 

後日、お母さんのメッセージが届きました。

 

「昨日はありがとう。気をつけてかえってください。また遊びに来てくださいね。」

 

関係性は少し緩和したような感じです。

 

仲村さんの親は完全に毒親と言えるでしょう。

 

毒親とは子供がやっかいだと感じる親を指す言葉となります。

 

うちの親も毒親なので理解できますよ。

 

仲村さん自身が良い人だからこそ、このケースはまだましに終わりましたがリアルはそう簡単にいきません。

 

親というのは面倒くさいものです。

 

昔世代の親は何にも理解せず、ただ教科書通りのことを子供に教えてきただけにすぎません。

 

私は仲村さんと同じ立場でもありますが、許す許さないではなくどうでも良いだけの話です。

 

仲村さんのように情を捨てきれない人間が多いのですね。

 

でも、情ではなくその人物が面白くなければ家族だろうが友達だろうが邪魔にすぎません。

 

そんなもんですよ。(*^▽^*)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

好きな漫画を全巻まとめて見たいあなたはこちらです!