それはまるで雨傘のように 最新話  第5話のネタバレと感想が気になる?

それはまるで雨傘のように 最新話  第5話のネタバレと感想を紹介します!2019年1月12日発売分です!

 

それはまるで雨傘のように 最新話  第5話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年1月12日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

「別冊フレンド」の記事一覧ですよ!

 

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

それはまるで雨傘のように 最新話  第5話のネタバレは?

 

スポンサードリンク

 

『絶対に報われない恋をしたらどうする?』

 

話は佐渡先生が紗南に何を飲むのかを聞くところから始まります。

 

紗南から返事がないので、佐渡先生がもう一度紗南の名前を呼びます。

 

紗南は、なぜか

 

「ありがとうございます。」

 

と、答えてしまいます。

 

佐渡先生は紗南に警戒されていることに少し笑ってしまいます。

 

その時、佐渡先生は紗南の顔が少し赤いのを見て、体温を測らせました。

 

紗南は微熱がありました。

 

「お母様にお迎えの連絡できる?」

 

と、佐渡先生が言うと、紗南は母親が出かけていることを言います。

 

「しっかり寝てなさい。」

 

と、佐渡先生が言うと、都築先生に紗南を送ってもらえるかを聞きに行ってくれました。

 

その時、紗南は

 

『佐渡先生って都築先生とどういう関係なんだろう…。』

 

と、考えてしまいます。

 

すると、佐渡先生が都築先生を連れて戻ってきました。

 

心配そうにする都築先生は

 

「ここ数ヶ月のストレスが噴き出ちゃったんでしょうか。心配ですねぇ。」

 

と、言います。

 

すると、佐渡先生が

 

「…ずいぶん可愛がってるみたいね。」

 

と、言うと都築先生は

 

「もちろん大変なことがありましたし、すごく気がかりではあります。」

 

と、答えると、佐渡先生は

 

「ふぅん?」

 

と言い、変な空気になります。

 

佐渡先生は

 

「それは男として?」

 

と、聞きます。

 

ドキっとする紗南。

 

「彩さん、仕事中です。」

 

と都築先生が言います。

 

佐渡先生は、ふふふと笑いながら

 

「でも、からかったわけじゃないわ。生徒だっていっても立派な女だから。」

 

と言い、都築先生は真面目な顔で

 

「弥生さんは大切な生徒の一人です。間違ってもそのようなことはありません。」

 

と、答えます。

 

その言葉に硬直してしまう紗南。

 

佐渡先生がそうと言うと、二人は部屋から出ていきます。

 

ずっと会話を聞いていた紗南は

 

「あたしこれ、失恋したってことだよね?まぁ、叶わないことくらいわかってたし…。」

 

と、独り言を言いながら、目から涙があふれてくるのでした。

 

『好きな人が自分を好きじゃないことが、こんなに辛いなんて。』

 

と、恵子のことを考えながら思うのでした。

 

そして、都築先生と佐渡先生の関係がまたわからなくなる紗南でした。

 

その頃、相沢と恵子が二人でどこかの教室にいました。

 

その教室は相沢がキスをしていた教室で、恵子はふと

 

「紗南、学校来ないね…。」

 

と、言い続けて

 

「ねぇ、本当に紗南がいっ君を誘ったの?」

 

と、聞きます。

 

相沢は

 

「なに?俺を疑ってるの?」

 

と、恵子を責めます。

 

違うとおろおろする恵子。

 

すると、相沢から

 

「もうなんか、めんどくせぇわ!」

 

と言いだし、

 

「まどかが、そういうことにしとけって言うから。」

 

と、なぜかまどかの名前を出します。

 

そして相沢は

 

「俺のせいじゃないからな!おまえらが勝手に言い出したことだろ!」

 

と、怒りながら言います。

 

わけがわからなくなる恵子。

 

そこにまどかが、笑いながら現れます。

 

すると、まどかは相沢の方へ行くと

 

「あの日、樹といたのはあたし。あんたずっと騙されたんだよ?」

 

と、まどかは言いながら意地悪そうに笑います。

 

恵子は、みんなに本当のことを話すと言いますが、まどかは

 

「学校中に噂広まってるのに?恵子一人の主張なんて誰が信じるんだろうね~。事実なんて関係ない。」

 

「みんなが思ってることが真実なんだってば。」

 

と、言います。

 

恵子は

 

「最低。絶対許さない!」

 

と言いますが、まどかは

 

「正義のヒロイン気分に浸ってるとこ悪いけどさぁ。あんたこそ友達にしたことわかってるんの?」

 

と、まどかに恵子は言われ、紗南にしてきたことを振り返ります。

 

「あんたなんて誰も好きじゃない。ご愁傷様。」

 

と、まどかは言い、相沢を去っていきます。

 

一人、ぽつんとなる恵子。

 

その頃、紗南は恵子が泣いている夢を見ます。

 

恵子と叫んでも紗南の声は届きません。

 

相沢と誰かの背中も写しだされます。

 

「待ってよ!恵子に謝って…。」

 

と、その誰かの手を取ります。

 

そこで夢が覚め、都築先生が紗南を呼んでいます。

 

「ひどくうなされてましたよ。怖い夢でも見ましたか?」

 

と、先生は体温計を探しながら言います。

 

「うん。」

 

と、紗南は答えながら、あの夢に出てきた誰かは城崎さんのような気がしてました。

 

都築先生は昔の思い出話を話してくれます。

 

「佐渡先生とどういう関係?」

 

と、急に紗南が聞きます。

 

大学のバレーサークルの先輩だと言います。

 

「それだけ?」

 

と、紗南が聞くと、都築先生は

 

「…すみません。これ以上はノーコメントで。」

 

と、言葉を濁します。

 

都築先生は話を変え、紗南の母親が学校に来れないので、帰りは送っていくと言ってくれます。

 

ですが、あの助手席に佐渡先生が乗ったのかと思うと、心が痛むのでした。

 

「あたし、一人で帰れるから。」

 

と、紗南は言い、都築先生にお願いを言います。

 

「今週中に恵子と城崎さん、相沢君の3人を呼び出してほしいの。」

 

と、言います。

 

話合いでなんとかなるのかと、都築先生が紗南に聞くと、やってみなきゃわからないと言います。

 

あの夢が気がかりでもありました。

 

そしてもう一つお願いを紗南は言います。

 

「もし、ちゃんと恵子と仲直りできたら…頭をなでてほしくて。まえさ、車で『よくがんばりましたね。』ってやってもらったとき、かなりうれしかったから。」

 

と、紗南なりのわがままを言います。

 

「お願い。」

 

と、紗南が言うと都築先生は

 

「わかりました。必ず3人が呼び出せるように手配しますね。」

 

と、言ってくれました。

 

「ありがとう。」

 

と、紗南は素直に言います。

 

紗南が帰ろうとしたとき、家に向かう紗南の姿をまどかが目撃していました。

 

それはまるで雨傘のように 最新話  第5話の感想と考察

 

佐渡先生って策士だね。あなたも思わない?(笑)

 

都築先生の言葉を、わざわざ紗南に聞かせた感じあると思う!

 

なんでって思うの?

 

そりゃぁ、佐渡先生も都築先生が好きなんでしょ!

 

または付き合ってるとか?

 

わからないけど、せこい大人の方法で紗南と都築先生を離そうとしてる感じあるって!

 

あなたは偶然だと思う??

 

あなたは、恋愛経験が少し足りないんじゃない?

 

しっかりと、少女漫画を読むべし!(笑)

 

え?私?

 

そりゃぁ、私は恋愛経験は豊富よ! 漫画読みまくってるから( ・´-・`)

 

お~い!冷たい目で私を見るなーーーーーー‼‼‼‼‼‼(笑)

 

とにかく、佐渡先生は都築先生を紗南にとられないようにしたいんだと思うよ。

 

そして、もう一人のキーマンはまどかだよね…。

 

あれは…鬼だ!蛇だ!

 

さすがにあなたも、ここは同意してくれるよね?

 

よしよしよし!いい子やなー(笑)

 

まどかの攻撃はこのあとも続くだろうね。

 

佐渡先生も都築先生をとられないように大人のズルい方法使ってきそうだし…。

 

これからも期待しようね‼

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

漫画全巻ドットコムで優雅な漫画ライフを!