君は008 最新話 第52話のネタバレと感想が気になる?

君は008 最新話 第52話のネタバレと感想を紹介します!2019年3月13日発売分です!

 

君は008 最新話 第52話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年3月13日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

「週刊少年サンデー」の記事一覧はこちらです!

 

 

スポンサードリンク

 

君は008 最新話 第52話のネタバレは?

 

高校に潜入していた、ドグラ・マグラの女スパイを撃破することに成功したエイトと城戸さん。

 

改めて、女スパイがドグラ・マグラであることをエイトは確認します。

 

城戸さんはアーマーを見て、間違いないと教えてくれました。

 

「なんかハイセンスなデザインだよね~~~動きやすさの究極を追求したのかな?」

 

ちなみに女スパイが着ている服装は、タイムボカンシリーズのドロンジョ様の衣装に近くもっと露出度を高くしたものであると思ってください(笑)(*´▽`*)

 

ゲスイ顔をしている野原に対し、ドン引きしている城戸さんの顔がマジで笑える(笑)

 

意識を取り戻した女スパイに、エイトたちは自分の父親について聞こうとします。

 

「クク…我の口からは何も聞きだせぬ」

 

女スパイの体が何故か光だします。

 

「われらは邪魔する者を皆排除する。たとえナカノでもな…」

 

危険を察知したエイトはみんなに離れろと叫びました。

 

ドンッ!!!

 

女スパイが自爆してしまいます!!

 

城戸さんが気が付くと、エイトにかばってもらっていました。

 

またも、かばってくれた城戸さんはどこか嬉しそうです。

 

「しかし何が爆発したんだ?爆弾のような物は何も持っていなかったようだけど…」

 

視聴者視点でも分かりません。(笑)

 

とりあえず全員無事でした。

 

エイトは女スパイにやられた怪我をも含め、身体がボロボロです。

 

心配する城戸さんでしたが、エイトは

 

「こんな怪我、つばでも付けときゃ治る!」

 

と、言い放ちました。

 

あ、現実的に、つばなんか付けたら雑菌入りまくりなのでやめて下さいネ。(笑)(*´▽`*)

 

人間の唾液って綺麗なものではないですよ。www

 

エイトの強がる姿に、エイトのお父さんの面影を感じた城戸さんは、さらにときめかせます。

 

とりあえず危機が去ったので、野原が応援を呼んでくれました。

 

こうしてエイトたちデルタ3チームの高校潜入は幕を閉じたのです。

 

事件は表向き、ガス漏れによる錯乱と爆発ということになって片付けられました。

 

3人は事件後しばらく残り、ドグラ・マグラがまた現れないか登校していたのです。

 

その後、撤収することになったエイトたちでしたが、普通の学校生活に憧れを抱いていた城戸さんはどこか辛そうな顔をしています。

 

陸上部のエースだったため、コーチから本当に落ち込んでいたようでした。

 

3人が撤収する際、野原は未練は特にないと言っていましたが、背後から追いかけてくるものがいたのです。

 

模型部で一緒に過ごしていた土屋という生徒と、野原をいじめた生徒が見送りに来てくれたのです。

 

ちょっと寂しいというエイトとは対照的に、城戸さんはクールにふるまっていました。

 

「深い感情を持つ事は…諜報員として失格よ」

 

城戸さんの諜報員失格に対して、エイトはそうかな?と言います。

 

「本当に辛い状況で最後に人を突き動かす力の源って…いつの世も人を思う深い感情じゃないかな?」

 

色々経験したエイトは、そのように思ったようですね。

 

成長した3人は潜入していた高校に別れを告げ、諜報員生活に戻ります。

 

好きな漫画を全巻まとめて見たいあなたはこちらです!

 

君は008 最新話 第52話の感想と考察

 

幼いころから普通の生活ではなく、諜報員として育ってきた城戸さんにとっては辛い別れでした。

 

学校を辞めると同じ部活の子に話していた時も、とても悲しそうな顔をしていたほどです。

 

普通が良いか、変わった日常が良いか、それはないものねだりでしょう。

 

エイトは感情を持ち込むのはいけないとは話しますが、諜報員として感情を持ち込むのは危険ですよ。

 

ただ、関係のない生徒であれば感情を持ち込んでも良いかもしれませんが、人間は感情で動くほど愚かなものはありません。

 

感情を自制できないと自分が辛くなりますし、いざという時冷静な判断が取れなくなってしまいます。

 

人間的には良い人間ではあるけど、果たして諜報員としてはエイトはどうなのでしょうね?

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!