高嶺の蘭さん  最新話 第18話のネタバレと感想が気になる?

高嶺の蘭さん  最新話 第18話のネタバレと感想を紹介します!2018年12月13日発売分です!

 

高嶺の蘭さんの最新話、第18話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2018年12月13日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

高嶺の蘭さんの記事一覧はこちらです!

 

 

大好きな漫画をスマホで見たいあなたは無料体験期間を試してみませんか?

 

高嶺の蘭さん 第18話のネタバレとあらすじ

 

スポンサードリンク

 

第17話は蘭の中学生時代の話でした。

 

「蘭の不器用だけどやさしい姿を知って、すごく好きになったんです。」

 

という晃の蘭を好きだという気持ち、蘭を大事だという気持ちがよく伝わる話でした。

 

そして、18話では話がガラッと変わり、蘭と晃は初詣のため神社にお参りにきたところからスタートします。

 

クリスマスは蘭と晃の二人で祝えなかったので、初詣では二人で楽しく過ごします。

 

クリスマスプレゼントのお返しにデンファレという花を蘭に贈ったり、恋人繋ぎをしてみたりと、ラブラブです。

 

そんな中、蘭が人と肩がぶつかり、大事なデンファレを落としてしまいます。

 

その時に、笑顔の素敵な女の子が花を拾ってくれました。

 

花を拾ってくれた女の子小島七美は晃の中1の時の同級生でした。

 

蘭が七美に挨拶をすると、すかさず晃に

 

「彼女だ?」

 

と七美は問います。

 

「うん。」

 

と、晃は何のためらいもなく答えます。

 

七美は晴嵐高校に通うことを晃に話すと、自分たちも通っている高校は晴嵐高校だと言いました。

 

その時の七美の嬉しそうな顔を蘭は心のどこかで不安に思います。

 

次の日、七美は蘭と晃と同じクラスになりました。

 

七美は蘭に

 

「蘭ちゃん!」

 

と、挨拶をしました。

 

担任が蘭と七美が知り合いなのかを聞いた時、七美は

 

「晃と初詣デートのところで出会っただけですけど」

 

と答えてしまいます。

 

クラスの人は蘭と晃が付き合っていることを知らなかったので、教室は騒然となります。

 

七美はその教室の様子を見て、話を逸らすように自分の自己紹介をし、その場を丸く収めたのでした。

 

その日の放課後に七美の歓迎会をしました。

 

蘭も歓迎会に珍しく参加するのでした。

 

花を拾ってくれたお礼を七美にしていなことを蘭は気にしており、いつ声をかけるべきか悩んでました。

 

蘭が飲んで飲み物のグラスが空になったのを七美は見ていました。

 

「ドリンクバー行こっ!」

 

と七美が蘭に声を掛けます。

 

これはお礼を言うチャンスだと蘭は思いました。

 

蘭が声をかけようとしましたが、先に話を切り出したのは七美でした。

 

七美は蘭と晃が付き合っていたことをクラスに言ってしまったのを気にしていており、七美は「ごめん」と力なく言うのでした。

 

「全然気にしなくて大丈夫。いつかは知られちゃうしね!」

 

と蘭は明るく答えるのでした。

 

次は蘭が花を拾ってくれたことのお礼を言いました。

 

小島さんと七美のことを蘭は呼んでいたので、七美は

 

「七美でいいよ」

 

と明るく言いました。

 

蘭は晃と七美は似ていると言います。

 

しかし、七美は蘭の方が晃と似ていると思っていたようです。

 

美人で背が高い蘭を晃は見た目で選んだのか?と、七美が疑っていたことを蘭に話します。

 

悪口かと思いきや

 

「蘭ちゃんは内側にも魅力があるんだね。」

 

と褒めたのでした。

 

その時、七美はつるっと躓いてしまいます。

 

「大丈夫?」

 

と駆け寄った蘭でしたが、目に涙があふれていた七美に言葉を失います。

 

七美は晃に何かしらの好意をもっているのではないか。

 

と、蘭は心に引っかかるものがありました。

 

そんなわけないと自分に蘭は言い聞かせますが、

 

「本当に七美ちゃんも晃くんのことを好きだったら…。」

 

と蘭は思い、晃を呼び止めるのでした。

 

いらない本を売ってお小遣いにしませんか?

本・古本・コミック・DVD・CD・ゲームを高価買取!ブックステーション

 

高嶺の蘭さん  第18話の感想

 

七美というキャラの登場で、蘭の気持ちに変化が現れましたねぇ。

 

晃を蘭は呼び止めてこの回は終わっており、何かむず痒いですね(笑)

 

さて、次回を予想してましょう。

 

私の予想は晃に手をつなぎたいと言うのではないかと思います。

 

なぜそう思うかって?

 

よくぞ聞いてくれました!(笑)

 

今回登場した花はデンファレでしたね。

 

花言葉は【わがままな美人】なので、蘭は晃にわがままを言いたいと感じるはずです。

 

ここでキスやハグというのは蘭にとってレベルが上がりすぎると思うんですよね。

 

最初の方に晃は蘭にわがままを言っていいと言った時、蘭は手をつなぎたいと言います。

 

蘭にとっては手をつなぎたいのはわがままってことですね。

 

なので、私は手をつなぎたいと気持ちをつなぎ留めたいと思うという予想です。

 

え?

 

もっと一緒にいたいと蘭が言うと思うという意見が出ました!(笑)

 

確かに、不安になる時は傍にいてほしくなりますもんね。

 

手をつなぐという選択を蘭はするのか、一緒にいたいと思ってしまうという選択、はたまた予想をはるかに超える。

 

さて、どれになるでしょうね!(笑)

 

次回も楽しみです。

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

大好きな漫画をスマホで見たいあなたは無料体験期間を試してみませんか?