壁ドン! 最新話 第3話のネタバレと感想が気になる!

壁ドン! 第3話ネタバレと感想を紹介します!2019年1月7日発売!

 

壁ドン! 最新話の第3話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年1月7日発売分です!

 

あなたの極上の暇つぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

「週刊ビッグコミックスピリッツ」の記事一覧です!

 

壁ドン!  第3話のネタバレとあらすじは?

 

ボルタリング部に現れた女性は、前日寺に訪れた会心を罵倒した女性でした。

 

スポーツクライミング部のコーチ夏目環奈と名乗る女性は、会心を助けてくれた少女夏目登姫の姉である事が発覚します。

 

当の会心は登姫に罵倒されたと思っていたため、どうりでキャラクターが違い過ぎたと納得するのです。

 

環奈は登姫をけばけばしくさせたような女性で、生徒たちにも「ゴミ虫諸君」と言うほどでした。

 

ドン引きする生徒でしたが、中にはその魅力にときめく者もいます。

 

環奈はスポーツクライミング部に集まった生徒たちに対して語り始めました。

 

4年前に廃部になってしまった山岳部が、スポーツクライミング部として復活できたことに感謝をする意向を表し、急に優しくなったという生徒たち。

 

戸惑う生徒たちを無視して、環奈は話を続けます。

 

現在、ボルタリングのジムは8年前に比べて5倍に増えており、オリンピックの正式種目として注目を集めていると言います。

 

実際テレビでも特集されるようになり、ボルタリングは世界的にも強豪国であるという風に話題になっているほどですね。

 

環奈は生徒たちに

 

「登るのは好きかー?」

 

と聞きます。

 

会心以外の生徒たちはそれに答えるように、声を上げます。

 

「ボルタリングで青春を謳歌したいかー?」

 

次の問いに会心も全員と一緒に乗っかかりますが…。

 

「そういう人は帰ってよーし」

 

氷のように冷たく見下した目で、環奈は言いました。

 

持ち上げておいて落とされるような気持ちになった生徒たちは開いた口がふさがりませんでしたが、正直環奈が正しいですね。

 

環奈が求めているのは五輪でメダルを必要としている者で、青春を謳歌したい半端な人間はいらないという事でした。

 

環奈が指パッチンをすると、背後からボルタリングの壁が現れました。

 

ボルタリングの壁に驚く生徒たちに対し、環奈はこれから入部テストを行うと言います。

 

テスト内容はシンプルで、ボルタリングの壁を登れたら合格です。

 

半端な気持ちなら登らなくても良いという言葉に何人かの生徒は帰宅していきます。

 

会心の友達もここは場違いだから帰ろうと言いますが、自分はテストを受けるというのでした。

 

ここで帰ったら変われない、ボルタリングで命を救われたからこそ変われる気がしたと友達に話します。

 

不合格でも良いから挑戦したいという会心に、よく言ったと褒める登姫。

 

テストの条件は今回使用するのは黒いホールド(壁に付いている突起物)のみ使用という事です。

 

難易度は4級なので初心者にはとても向きません。

 

そのため一気に半分くらい人数が減ってしまいました。

 

会心だけではなく、結局友達もテストを受けるしたようです。

 

友達が何か話しかけていますが、会心は無視し登り方を自分で考えています。

 

登姫の番となり誰もが登れなかった壁を、彼女だけは華麗に登ったのです!

 

全員登姫の登り方に感動し、会心は登姫の周りだけ重力がないような錯覚にとらわれます。

 

合格した登姫を見て、奮起する会心。

 

果たして超える事は出来るのでしょうか!?

 

「週刊ビッグコミックスピリッツ」の記事一覧です!

 

壁ドン! 最新話 第3話の感想と考察

ボルタリングは以前から話題にはなっていましたが、最も注目されたのはオリンピック種目として選ばれたことでしょう。

 

あなたはボルタリングがオリンピック種目として選ばれたこと知ってました?(笑)

 

え、私? 最近知りました(笑)

 

私もボルタリングに興味がありますし、だんだん愛好者の増えているボルタリングですが、ちゃんとした知識を持った人はまだまだ少ないですね。

 

どうやって登っていくのか楽しみですね。

 

あなたも、ボルタリングにチャレンジしてみない?(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

見放題作品が31日間、無料で読めます!