寄宿学校のジュリエット 最新話 第87話のネタバレと感想が気になる?

寄宿学校のジュリエット 最新話 第87話のネタバレと感想を紹介します!2019年1月9日発売!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第87話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年1月9日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第87話のネタバレは?

 

スポンサードリンク

 

ダリア学園全校生徒たちに、敵対している『白猫の寮』リーダーと恋人関係にあると知られた『黒犬の寮』リーダーの犬塚。

 

他のモブたちから裏切者だ、追放しろと言うヤジが飛んできます。

 

『黒犬の寮』側の女性徒の中に2人を心配する声もありましたが、他の生徒から空気を読まないとあなたもとばっちりを受けると言われてしまいます。

 

別に『白猫の寮』、『黒犬の寮』の者が付き合っていたからと言って、規則に反する訳ではありません。

 

ただ大勢の生徒たちが追放を望んでしまった場合、学園に居場所がない事も事実です。

 

「そんなに敵国の女が大事だってのか!? オレ達は仲間だと思っていたのにそんなのあんまり…だろーが!!」

 

『黒犬の寮』のメンバーから、複雑な気持ちを訴えられています。

 

2人は今までみんなを騙してきたので、裏切りに対する怒りと騙されてきた怒りを割り切る事は難しいと考えているのは、犬塚の親友の蓮季でした。

 

確かに蓮季も初期は号泣していたくらいです。

 

もう止められないと泣くのですが、本当に親友だったらこのヤジを止めるのではないか?と思います。(`・ω・´)

 

割り切れないと言っても親友を尊重するのが大切では?と言いたいですね。

 

更に『黒犬の寮』のメンバーたちから、自分達に何か言う事はないのか!?と犬塚に問い詰めます。

 

隠していてごめんと謝るしか出来ない犬塚。

 

正直こういう時、他に何を言えば正解になるのよ?(笑)(; ・`д・´)

 

そんな犬塚をグーパンする丸流。

 

実は全校生徒の中で1番怒っていたのは彼でした。

 

慌てて前に入るペルシアでしたが、丸流は気やすく自分の名前を呼ぶなと凄みます。

 

以前ペルシアが男装して『黒犬の寮』で仲良くなった人物でもあり、黒犬に入りやすくするために自分達の友情を利用したと怒っています。

 

犬塚のライバルで不良ではある丸流なのですが、本当は友達想いなんですね。

 

友達想いだからこそ、本当に信じていたからこそ、ショックだったのです。

 

「利用なんてしていないわ!」

 

丸流の考えを必死に否定するペルシアでしたが、丸流は容赦なくグーパンしてきます!

 

女性をグーパンするな~!(; ・`д・´)

 

さすがにこれには止めに入ろうとする人間も多かったのですが、丸流は落とし前を付けさせろと叫びます。

 

話を聞いてとお願いするペルシアに対し、容赦のない蹴りを放つ丸流。

 

防戦一方状態のペルシアはひざをついてしまいます。

 

更に追撃をかけようとする丸流れに対し、投げ技の姿勢をとりますがペルシアはその場で止まってしまいました。

 

丸流がどう思おうと、黒犬で初めて出来た友達を投げる事など出来ないと言います。

 

確かに当初はあまり良い感じではありませんでしたが、ペルシアも本当に友達になりたいと思っていたのです。

 

その事を話した上で謝り、待つなら受けると言います。

 

その状況を見ていた怜音は罰を下せと言いますが、丸流は友達を疑った自分自身に対して拳を上げます。

 

「友達を疑った自分に罰を下したんだ!」

 

丸流の言葉に全校生徒はざわつきます。

 

そして自分は犬塚、ペルシア側に付くと宣言しました。

 

丸流、めっちゃ良い奴~~!!

 

惚れてまうやろ~~~~!(笑)(ノД`)・゜・。

 

大好きな漫画をいつでもどこでもスマホで見たい人はこちら!

 

寄宿学校のジュリエット 最新話 第87話の感想と考察

 

丸流によって見え方が変わってくるメンバーも多くなっていくのでは?と思いたいです。

 

現実でもそうですが、友達を信じるというのはとても難しいですよね?

 

もしあなたなら友達を守れますか?

 

本当に大切な友達であれば。私は間違いなく丸流と同じように行動をとっているかもしれません。

 

そもそも争い自体下らぬことなんですけどね(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

いらない本を売っておこずかいをGETしませんか?!

ネット専門だから出来る高価買取!【book-station】