高嶺の蘭さん 最新話  第19話のネタバレと感想が気になる?


高嶺の蘭さん 最新話 第19話のネタバレと感想を紹介します!2019年1月12日発売!

 

高嶺の蘭さん 最新話 第19話のネタバレと感想を紹介しますね!

 

2019年1月12日発売分です!

 

あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~!(笑)

 

いらない本を売っておこずかいをGETしませんか?!

ネット専門だから出来る高価買取!【book-station】

 

 

前回のお話はこちらです!

 

高嶺の蘭さん 最新話 第19話のネタバレは?

 

第18話では、七美は晃のことが好きなのかもしれない。

 

と、思った蘭が晃を呼び止めるところまででした。

 

第19話では、続きである晃を呼び止めるところからです。

 

呼び止められた晃は

 

「何?」

 

と振り返ります。

 

「ぎゅっとしてほしいです。」

 

と蘭は勇気を振り絞り言います。

 

「え?」

 

と晃が言うのを聞き、蘭は即座に

 

「私ったらなんて破廉恥なことを・・・聞かなかったことにしてください」

 

と恥ずかしそうに蘭は言います。

 

すると、晃は蘭を後ろから抱きしめたのです。

 

「ごめん。びっくりしただけ。かわいいわがままだなぁ」

 

と言い、晃は振り返ろうとする蘭に

 

「でも、これだけでいいの?」

 

と言います。

 

今度は蘭が

 

「え?」

 

と晃に聞き返します。

 

晃は蘭の頬に手を当てます。

 

「例えば、ぎゅぅのその先とか」

 

と混乱する蘭に顔を近づけていきます。

 

蘭は目を閉じ、晃に身を委ねます。

 

ところが、近くにいた酔っ払いに茶々を入れられてしまい、初キスにはなりませんでした。

 

「ごめんなさい。私がこんな所で…。」

 

と蘭が恥ずかしそうに言うと、

 

「うれしくて調子に乗っちゃった。」

 

と晃も蘭に謝ります。

 

そのあと、蘭を英会話教室に送ったあとに晃はみんなのいるカラオケへ戻りました。

 

『戻らないで!』

 

と蘭は言いたかったのですが、晃に嫌われると思い気持ちを抑えます。

 

次の日、教室に行くと楽しそうにクラスメイトとしゃべる七美がいました。

 

「おはよう。」

 

と蘭が言うと、

 

「おはよーっ!」

 

と元気そうに七美は言います。

 

七美が泣いていたのは夢だったのか、と蘭は混乱します。

 

すると、七美が

 

「昨日はごめんね。」

 

と足を痛めて涙がでてしまったことを言い、蘭は心配しなくていいと元気に答えるのでした。

 

その時、教室のドアから晃が入ってきました。

 

「七美、声カスカスじゃんか。」

 

と七美に言います。

 

「ちょっと、本気だしすぎたみたい。」

 

と目を泳がせながら言います。

 

その様子を見た晃は七美に

 

「どしたー。目を泳いでるぞ。」

 

と、どつきます。

 

怒ったように七美は晃を連れります。

 

階段まで晃を連れてくると、七美は

 

「蘭ちゃん、うちらが仲よさげにしてるのとか、い・いやだと思う。」

 

と晃に言います。

 

そうなのか?と晃は疑問に思いますが、逆の立場で考えてみると、クリスマスの時の他の男子とのふれあいを晃は思い出します。

 

「いけすかねーわ。」

 

と晃は自分のしていることに反省します。

 

気を使ってくれた七美に晃は感謝を言い、七美に

 

「蘭のことは大事に想ってるから、そのへんは安心して。」

 

と晃は言います。

 

七美は少し寂しそうな顔をしてしましたが、すぐに晃を茶化して場の空気を変えました。

 

その様子を声が聞こえないところから見ていた蘭は楽しそうだな。

 

とモヤっとするものを感じるのでした。

 

スキー合宿の日になりました。

 

蘭が悩んでいる間もバスの中では楽しそうに七美と晃でカラオケをしたりしています。

 

モヤモヤがどんどん膨れる蘭に智ちゃんが心配そうに

 

「だいじょうぶ?」

 

と言いますが、蘭は

 

「うん。早く滑りたいね。」

 

と明るく振舞います。

 

スキー場に着くと、蘭は華麗に斜面を滑っていきます。

 

スキーをすることで気を紛らわそうとしていたのです。

 

晃と七美は初心者組だったのでかっこよく滑る蘭に驚くのでした。

 

七美たちが滑ろうとすると、七美がずるっと転びそうになります。

 

「横向きに倒れてっ…」

 

と蘭がとっさに言うと、七美は晃はいる方の横側に倒れるのでした。

 

密着する七美と晃に蘭は言葉を失います。

 

真っ赤な顔をして七美は晃に謝ります。

 

蘭はまたモヤモヤしたものを感じ、晃たちから離れていきます。

 

智ちゃんが倒れていたので、蘭は智ちゃんの方に向かいますが、助けたのは山田でした。

 

滑れないことを笑う山田でしたが、

 

「かわいーとこあんじゃん。教えたろか。」

 

と山田が言うのでした。

 

蘭はそれを見て、晃にスキーを教えればいいと思うのでした。

 

晃に近づき、蘭が教えようとすると

 

「大丈夫。すぐ滑れるようになるから!」

 

と晃は強がり、他の人に教えてと頼むのでした。

 

「晃にもプライドがあるんだよ。高峰ちゃん。」

 

とそっと言われました。

 

蘭は落ち込み、七美ならプライドなんて関係なくスキーをするんだろうと嫌な自分になることをまた落ち込むのでした。

 

そんな時、リフトに七美が1人で乗ろうとしていたので、蘭は自分を切り替えるように自分の頬を叩き、一緒に乗ろうと言いました。

 

リフトに乗ると、七美が晃を見つけます。

 

その表情に蘭は晃への七美の気持ちを確信するのでした。

 

見放題作品が31日間無料読めますよ!

 

高嶺の蘭さん 最新話 第19話の感想と考察

 

第19話では、蘭のモヤモヤした気持ちがメインに描かれていましたね。

 

1つとても言いたいことがあります。

 

晃は、七美と仲良くしすぎだー!(笑)

 

だって、あんなに仲良くしているところを見れば、モヤモヤするに決まってます。

 

女心をもっと読めー!(笑)

 

あなたもそう思いますよね!

 

やっぱり、あなたもなの?

 

でも、七美は責めれないですよね。

 

晃に一度忠告してますし…。

 

でも、七美も言葉と行動が伴ってないですよね。

 

なんだかもどかしい雰囲気になってしまいましたね。

 

次回こそ蘭の不安がなくなりますよーに‼(笑)

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

いらない本を売っておこずかいをGETしませんか?!

ネット専門だから出来る高価買取!【book-station】